ウォーターサーバーの価格は高いのか安いのか?

ウォーターサーバーの価格は高いのか安いのか?

ウォーターサーバーの価格はサーバーレンタル料金とメンテナンス料金にお水の価格、この3つからなります。

ただ最近のウォーターサーバーはサーバーレンタル料金を無料とするところがほとんどです。

サーバーのレンタル料金を徴収するところは2年に一度本体を交換するとしているところもあって一概にどちらの価格体系がいいのかは判断に悩むところです。

また、お水の価格は天然水ですと1,500円から2,000円程度、RO水ですと1,000円くらいから1,500円くらいまでとなっていて、あとはボトルの材質などによっても変わってきます。

RO水は1,000円程度でサーバーレンタル料を考慮しても1か月に4人家族で4,500円程度で始められるものもあり、お値段を優先される方には人気のようです。

サーバーレンタル料無料としているところはお水のお値段にプラスされていると考えていいでしょう。

スーパーやコンビニで売られているミネラルウォーター類と単純に単純に価格を比較すればウォーターサーバーのお水の値段は特に安いとは感じられないかもしれません。

500mリットルのペットボトルであればスーパーの特売で80円くらいから購入できるものもありますし、2リットルのペットボトルでも100円程度で購入できるものもあるようです。

ウォーターサーサーバのお水の価格はRO水で最も安いもので995円(12リットル)ですからこれを2リットルボトルに換算すると165.8円で、これにサーバーレンタル料が入れば決して安いとは感じられないでしょう。

ただ、これは単純に比較した場合での話であって、玄関先まで重い水を配送してくれること、サーバーの利便性などを考慮すれば決して高くはないでしょう。

お水を含めたサーバーの利便性や宅配サービスもあることを考えてトータルでのサービスの価格と理解する必要があるでしょう。

2014年1月 5日|

カテゴリー:価格比較